--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年09月25日 (水) | Edit |
11話「嵐の中のふたり -OUTLAWS-」
12話「未来へ -LΛST RESOLUTION-」最終回

とうとう最後です
最終巻です

コメンタリーメンバーも
アンディ役の諏訪部さん ユウギリ役の東山さん
そして兵部役の遊佐

「この間 値札つけたまま歩いちゃいました 私」
「東山くん いくらだったの?」
「東山くんの靴は4,990円」
「…下? 上じゃねぇの? 下とかわかりそうじゃんっ ドジだな」
ってツッコンでたけど
「お前も靴に値札つけたままスタジオに行った事あったろ 遊佐っ」
と思わずツッこんじゃったよ
自分でも「ボクも1度やった事あるんでね」とか言ってましたけどね(笑)

諏訪部さんも言ってたけど
結局 アンディの目の変化は どういう意味あったんでしょーね?
能力が全部なくなってしまったのか?
能力を出し尽くし能力が沈下 またいずれ徐々に能力は回復してくのか?

せめてお守り って(笑)
何か3人の会話が微笑ましくっていいわ

「いま聞きました?」
「聞きました~」
「アンディって言いましたよ …呼び捨てですよ」
「そこですかっ」
「『アンディさん』だろ」
「いいシーンのはずなのに~」
諏訪部さん(笑)
いやあ東山さんの反応は素直で可愛いなー

やっぱり早乙女役ベテラン森功至さんの存在感や演技は
みんなに大きな想いや感情や影響与えてたんだね
見てる方にもそれはかなり伝わってきたから現場はもっと凄かったんだろうな
特に遊佐は兵部として対峙し乗り越えなきゃなきゃいけないし
緊張感も半端なかったろう
演技や存在感で負けられないって想いもあったんだろうと思うと
この作品って 遊佐の今を これからを素敵に彩ってくれるのだろう
ファンとしては本当にありがたい 嬉しい作品でした

無類のモフモフ好きの腹黒(役が多い)声優 遊佐と諏訪部さん
ワンコスキーずめっ


特典のノンテロップOP・ED
普通こういうのって最終巻に付くモノじゃないんじゃ?と思ったけど
最後の最後までOPやEDが大きく細かく変わってったアンリミならではだよね
何度も何度も変わったもんなぁ
全部で15種
諏訪部さんもコメンタリーで言ってたけど
「ちょいちょいED変わってったじゃないですか 誰がやろうと言い出したんでしょうね? あんな手間のかかる事 普通の制作者だったら「勘弁してくれ」って言う所だったと思いますけどね」
…本当に私も思うよ
だからこそ こんなにも色々してくれたスタッフさんに感謝の想いでいっぱいです

「9話の『DARKNESS NIGHT Hyoubu Arrangement』はどうするんだろ?黒バックに白文字スタッフロールのノンテロップってどうなるの? 収録されてないの?」
と思ってたら 9話の総集編映像で収録されてました
そりゃあそーだよね(笑)
ユウギリの「未来物語」はEDではなかったけど これも収録されてた
東山さん14声ものコーラスを自分で歌い重ねたそうで 本当に凄い

「DARKNESS NIGHT」のスーツ少佐…カッコイイな
指パッチンして すーっと手を横に広げてる姿とか
ピンバッチを指先で摘んでる姿とか
余裕の笑顔でポケットに手をつっこんでる姿とか
色々とたまらんです
いやー 女キャラスキーの私が男性キャラをこんな風に見る日が来るとか
本当に思ってませんでした
何せ遊佐に出会うまで男性キャラを好きになった事なかったんだから
水嶋郁とか 原田左之助とか 兵部京介とか
本当に好きなキャラなので 何とも不思議な気持ちです
特に水嶋郁はダメだ
コイツに弱すぎる
遊佐との出会いになったキャラってのもあるんだろうけど
何かが 何処かが 私のツボなんだろうなぁ…
これほど面倒で厄介で大変な人はいないだろうに
まあでも未だに遊佐が声を演じてない男性キャラに心惹かれた事はないんで
純粋な気持ちで二次元の男性キャラに惚れた事はないのかも
全て「遊佐の声・演技ありき」だしなあ


3人共…まぁコメンタリーに出てて その作品を悪く言う人はいないでしょーが
みんなこの作品を大切だと思ってくれてる事がわかる たくさんの言葉
「これで終わりだー」ではなく「これで終わっちゃうんだ」って
演者に スタッフに思わせる作品
打ち上げで自分の作業は未だこれからだというのに男泣きし熱く語る監督
その後 グラスに口をつける事なく仕事に戻ったというのをブックレットで読んで本当に本当にスタッフさんが愛して愛して作った作品だったんだなと

OPもEDもいくつもあって
キャラソンもいっぱいあって
熱い想いをこめたスタッフさんがいて
その想いや情熱に応えるように演じてくれた声優さんがいて
本当に素敵な作品でした
この作品に関わったみなさま
本当に本当にありがとうございました

スポンサーサイト
テーマ:アニメ
ジャンル:アニメ・コミック
2013年08月02日 (金) | Edit |
09話「カタストロフ -Pandora's box opens-」
10話「遠い楽園 -Original Sin-」

待望のP.A.N.D.R.A三幹部のオーディオコメンタリー
それも今まで全部偶数話だったけど今回は9話
やっぱり三幹部なら9話じゃなきゃあね
だけど4人は多かった 賑やかだった でも楽しかった

真木さんの落合さんは もっと落ち着いた人なのかな?と思ってたけど
実際の落合さんはキュートで面白い方らしい
お酒入ると遊佐と同類な方っぽいし(笑)
羽多野さんは相変わらずの気遣い屋さんで純粋な人だった
会話を盛り上げようと話振ってたり やっぱりの弄られ役だったり
大原さんは紅葉さんぽく柔らかく優しい感じだったなぁ
この方の演技力もすっごいよね 大好き

「(子供が)誰も(真木に)寄ってこないんだよね」て語る落合さん
真木さん それ気にしてたのかー(笑)

椎名先生のブログでも語られてたけど遊佐は9話
ひとりで(正確には大典さんと一緒だったらしい)収録
「少佐っ しっかりしてくれっ!!」
真木の落合さんの名演技を聞いて まるで自分に言われてるようだと
かなり演技にも気合いが入ったそうです
…にしても此処は何度聞いても見ても胸が震える 涙が出る
真木の裏返った掠れた声 遊佐の息の演技
「思い知れ ノーマル共 これが 僕らの 力だーーーっ!!」の叫び
もー本当に9話大好きだっっっ

真木に叱咤された後「ふっ」て笑って立ち直る少佐に
「あそこで笑っちゃうんですから うちのジジィは すげーんですよ」
って熱く語る羽多野さんが
もー何か純粋で可愛くて人の良さが出てて大好きだよ

「こんなに(敵である無人機が)いっぱいいたら見た瞬間諦めるよ」
って語った落合さんに速攻
「(諦めるの)早すぎるだろっ」ってツッこむ遊佐…(笑)

三幹部は本当に家族みたいだった
可愛らしくどっしりしてる父:落合さん
優しく柔らかな母:大原さん
相変わらずの長男:遊佐
弄られ役 人の良さそうな末っ子:羽多野さん
にしても羽多野さん何度も
「諏訪部さんの……(間)アンディ」って言ってたけど
ちゃんとアンディの名前覚えてない???
それとも諏訪部さんのインパクトが強かったからか
妙にそれが気になってみました

最終巻は8月発売予定がズレて9月に
コメンタリーメンバーは遊佐・諏訪部さん・東山さん
11話の修正 すっごいのかなぁ?
だから延期なのかな?
特典は少佐の朗読CD
どんなCDになるんだろ?
薄桜鬼の音楽に合わせてモノローグのCDみたくなるのかな?
イベントが映像化されないのは残念だけど
元々声優さんとも そういう約束で行われたイベントらしいし
だからみんなあれやこれや 他番組の諸々を入れてきたのかな?(笑)
でも何気に絶チル系はイベントやっても映像で残る事が全然ないよね
遊佐も中村さんも好きなので残念
アルカナイベントBDでも見てろって事ですかね?(笑)
(そーいえば4月のアルカナイベントはBD化されないのかな?)
ああ遊佐・中村さんと言えば 今度のタイバニの映画 中村さん出るんだよね
イベントにも参加するし そこで見よう BD買おう
テーマ:アニメ
ジャンル:アニメ・コミック
2013年07月24日 (水) | Edit |
限定1万部なので手に入るのかな?と心配してたけど無事入手出来ました
というか地元本屋に3冊もあって
思わず「全部引き取っちゃおうか…」という衝動に駆られましたが
さすがに こんなに厚いでっかい本が何冊もあっても…ね(笑)

本の上に少佐ストラップが入った箱付きなので でっかいでっかい
そして厚い厚い
思ったよりスタッフさんのコメントが多くて
お仕事しつつコメント考えたスタッフさんは大変だったろうなーと
でも色んな方の色んな感想が読めて良かった

対談もキャスト(遊佐・諏訪部さん・東山さん)と
原作者の先生・スタッフさんのがあって
色んな視点の話が読めて こちらも満足

設定資料や1話絵コンテは あのサイズではちょっと小さくて
見てるとすっごい目が疲れてしまうっ

Archiveに載ってる遊佐もカッコよかった
色んな話が読めて 遊佐の格好いい写真見れて ストラップ付いて大満足
欲を言えば もーちょっと大きいサイズの本にしてほしかったかな

さて私を色んな意味で楽しませてくれた「THE UNLIMITED - 兵部京介 -」も
8月で最後のBDになってしまいます
6巻特典はイベントの映像化だと嬉しいんだけど
前々から「イベントの映像化予定はありません」言われてたし無理かな?
でも「3幹部のキャラソンも聞きたい」で特典に付いたり
少佐抱き枕が出たり P.A.N.D.R.Aマグカップが出たり
ファンの希望・要望をたくさんか叶えてくれたスタッフさんたちなので
イベント映像化も期待しております
テーマ:アニメ
ジャンル:アニメ・コミック
2013年07月13日 (土) | Edit |
いやー少年誌なんて何年ぶりに買ったろ?
遊佐が出てるというので買ってみたけど

…カッコよかった

Archiveにあの写真載ってるのかな?
インタビューどれくらい長いのかな?
写真どんだけあるのかな?
コンテや設定資料 色々みれるのかな?
スタッフさんの話とかも聞けるのかな?
少佐のストラップが伊號のお部屋に入るキーじゃなかったのは残念だけど
ポスターもつくし 楽しみで仕方ありません

7/18発売なので手元に届くまで1週間を切りましたが
一応 限定1万部らしいので予約だけはしてあるけど
ちゃんと手に入るかな?
入らなかったらアニメイトや本屋行って探さなきゃいけないのかなぁ(笑)
テーマ:漫画
ジャンル:アニメ・コミック
2013年07月07日 (日) | Edit |
第7話「超能部隊 前編 -Generation ZERO PARTⅠ-」
第8話「超能部隊 後編 -Generation ZERO PARTⅡ-」

今回はゆかなさん・平野さん・遊佐という女性2人ゲスト
どんな話するのかな? 雰囲気に会話になるのかな?と

女性2人いたら賑やかな会話が続くのかな?と思ったら
平野さんが控えめで あまり会話に入ってなくって意外だった
もっと元気に話すタイプの人だと思ってたので
私の中では 平野綾=明石薫(涼宮ハルヒ)になってたんだなーと
まあアンリミでは明石薫として語る事はあまり多くなさそーだし
京介で語るとしても兵部役の遊佐がいると語りづらいってのもありそーだし
なかなかに難しい立場ではありますよね

その分 ゆかなさんが色々と語ってて
アンリミで不二子さんと兵部の諸々が詳しくわかったんだろうなーと
原作を読んでる遊佐と違って アニメでしかふたりの関係みてないと
わかりづらい所も 描ききれてない所もあったろうしね

兄しかいない遊佐は「姉や妹がいたらこういうモンなの?」と
京介と不二子さんが一緒にお風呂入ってるシーンで訊いてたけど
年齢的にも「あなた未だ8歳なのに…」て会話を聞く限り
お互い小学生くらいなら こんなモンじゃないの?

不二子さんはOLでマンション買って猫飼って
「この人はひとりで大丈夫なんだな」て人らしい(笑)
隙ってある程度見せなきゃダメなんだね

江口さんに別番組(イクサガですか?(笑))で
「アンリミでお世話になります」と挨拶された時
「…君の役はイルカだよ?」と教えた時のショックっぷりが(笑)
そりゃー動揺するよね
ゲストでイルカ
演技プラン困るよね

あの例の「遊佐の声が高くてびっくりした」兵部声は
平野さんと自分の声の中間を意識して演じてたらしい
この高めの純粋で真っ直ぐな声から徐々に感情が堕ちていく演技
…遊佐の演技力の高さ 感性の鋭さを痛感せずにはいられません

EDで自分の歌「ADVENT」が流れたら
会話で声で埋めてほしいと懇願してる遊佐が可愛いったらないよっ


5巻のオーディオコメンタリーは待望のP.A.N.D.R.Aメンバー
落合さん・大原さん・羽多野さん
いやー初めてだよ 落合さんのコメンタリー聞くの
てゆーか…喋ってくれる人なんだろうか?
この3人なら毎回コメンタリーは偶数話だったけど
奇数話9話を是非聞きたい
あの裏返った声の真木
悲痛な叫びの紅葉
切なく子供たちを抱きしめる葉
それぞれの気持ちや想いを語ってほしいなー

テーマ:アニメ
ジャンル:アニメ・コミック
2013年07月07日 (日) | Edit |
第5話「ストレンジャーズ -Portrait of the family-」
第6話「闇、走る -As true as a lie-」

なに?
コメンタリーは偶数話って決まってるの?
東山さんが来てくれてるのに何故5話じゃない?
遊園地やらお誕生会のユウギリの色々を聞きたかったのにーっ

…と思った6話のコメンタリー

20歳と44歳 親子ほど年齢差があるふたりが水着談義(笑)

写真集って…どう楽しめばいいんですかね?
画集を買う事あっても写真集は買う事がないので
見てる人はどう楽しんでるんだろ?
「この表情いいなー」とか「綺麗だなー」とか そんな感じかね?

相変わらず遊佐は自キャラスキーでイイな
兵部の死亡フラグが立ちまくってる?て思った時
スタッフさんに「これからもっと弱りますから」って言われて
「…オレもっと弱るんだ」て言ってたのを聞いて
ああ「兵部」じゃなく「オレ」なんだなーと
以前 小野Dさんと「声優は自分のキャラの1番のファンであってほしい」
って話してたのを思い出したけど
やっぱりファンとしても
「キャラの名前も性格も考え方も あんまりわかってない 把握してない」
って方には演じてほしくないもんねぇ

東山さんから
「スタッフさんに『ユウギリは兵部に恋愛感情あるんですか?』て訊いた」とか
「アンディや真木との距離感が難しかった」とか
演技の話が色々聞けて良かった

「DARKNESS NIGHT」の歌の話が出た時
「歌」ではなく「EDの絵」の萌えポイントを語った東山さんへのツッコミが(笑)

テーマ:アニメ
ジャンル:アニメ・コミック
2013年04月28日 (日) | Edit |
今回は「THE UNLIMITED - 兵部京介 -」特集て事で聞いてみた

…諏訪部さんもイベントで言ってただろうがーっ
「THE UNLIMITED - 兵部京介 -」の「ジ」は言わなくていいですよ
「アンリミテッド 兵部京介」ですよってーっ と
何度も何度もパーソナリティさんが「ジ・アンリミテッド兵部京介」言うたび
心の中でツッこんでました(笑)

兵部・アンディの「DARKNESS NIGHT」が流れる
遊佐・諏訪部さんの紹介
次の曲は皆本・賢木の「BRIGHTEST LIGHT」

皆本・賢木の「BRIGHTEST LIGHT」が流れる
東山さんの紹介
(おや?なんで東山さん? 中村さんと谷山さんじゃないの?)

次の曲は兵部の「BRAND NEW EDEN」→ユウギリ「タカラモノ」が流れる
中村さん・谷山さんの紹介
(少佐の曲のはずなのに何故にユウギリの曲が? そしてここで中村さん・谷山さんの紹介かいーっ)
次の曲は「タカラモノ」→少佐の「BRAND NEW EDEN」が流れる

一瞬 何事かと思ったよ
ヒュプノかと思ったよっ
編集間違ってるよーっっっ

…再放送時には直ってるといいね(笑)

流れた曲は
1曲目 LΛST RESOLUTION Emblem of THE UNLIMITED
2曲目 DARKNESS NIGHT Hyoubu arrange
兵部京介&アンディ・ヒノミヤ starring 遊佐浩二&諏訪部順一
3曲目 BRIGHTEST LIGHT Minamoto arrange
皆本光一&賢木修二 starring 中村悠一&谷山紀章
4曲目 タカラモノユウギリ starring 東山奈央
5曲目 BRAND NEW EDEN 兵部京介 starring 遊佐浩二
6曲目 OUTLAWS eyelis

やっぱ兵部アレンジの「DARKNESS NIGHT」はイントロが壮大でイイ
9話思い出して胸が痛くなる
早乙女の声に我を忘れ 怒りにまかせ 無人機を落としていく姿とか
真木が撃たれた時 動揺しまくってた少佐の息づかいとか
それを叱咤する真木の裏返った声とか
葉の優しさとか
ユウギリの恐怖とか
紅葉さんの悲鳴とか
アンディの感情の動き叫び
超能部隊のみんなから引き継いだ力で戦う少佐の叫び
力尽きて海へ落ちていく少佐を助けに海へ飛び込むアンディ
そして黒バックに白文字のスタッフロール
流れる「DARKNESS NIGHT Hyoubu arrange」
もー色々浮かんできて切なくて切なくて
2話も大好きだし
8話の遊佐の演技も凄くて大好きだけど
9話は心に強く残る話だった
オーディオコメンタリーでも8話や9話は裏話は要らないから
兵部の想いや気持ちを遊佐に語ってほしいんだよな
まあゲストさんもいらっしゃるから いくらどれだけ熱く語れるとしても
「兵部」「兵部」ばかり語るわけにはいかないんだろうけどね

…って アンリミの事になると つい熱く激しく思い語ってしまうなぁ
それだけ大好きで夢中になれる作品に出会えた幸せですね
2013年04月24日 (水) | Edit |
3話『清楚と汚濁(Queen not a princess)』
4話『絶対領域 -Children Territory-』

アンディが兵部に腕を掴まれ助けられた時の笑顔がBDだとなくなってて
ちょっと驚いて戸惑いつつ「チッ」って顔してた
TV見た時「あんな嬉しそうな顔して 兵部にP.A.N.D.R.Aに心許しすぎて
アレ(伊号)を見つけた時 ちゃんと任務遂行出来るの?」て心配してたけど
あれくらいの表情なら兵部に対して ちょっとだけ心が動いてしまったかな?
くらいの感覚で良いのかもしれない
…けど あのワンコみたいな笑顔が見れないのはちょっと寂しいね

ユウギリが施設に「入って直ぐ居なくなった」理由は最終回で初めてわかって
誰かに何かに攫われたわけでもなく
P.A.N.D.R.Aに保護されたわけでもなく
「此処にいたら この人たちを傷つけてしまう」
ってユウギリ自ら去ったんだったと3話を見て切なくなった
少佐がいてくれて P.A.N.D.R.Aがあって 彼女を探して保護してくれて良かった
後はドラマCDとかでP.A.N.D.R.Aにいたユウギリが何故攫われてしまったか?
ってのやってもらえると嬉しいかな
アンディの過去話と一緒にドラマCDや特典になるといいなー


オーディオコメンタリーは谷山さん 中村さん そして遊佐

遊佐はモモタロウが大好きらしい

一応 遊佐はホストなので中村さん谷山さんに話振ってたり 語ったり
中村さんも…色々思うところはあるでしょうが
あの方らしく話を広げたり 語ってたりしてくれてたんですけど
た…谷山さん…酷いよっ(笑)
いや話はすっごく面白い 飾らずあけすけで面白いんですけど
その場に居ない人を…大典さんを…あんな風にっ

遊佐・中村さん・谷山さん・諏訪部さん 全員指名なのか
ユウギリの東山さんはオーディションなのかな?
中村さんにも「リアルな子供の演技が出来る方」言われてたけど
本当に巧くてスゴイ方だ

遊佐が大好きなモモタロウの台詞って 漫画みたくカタカナ表記なのね
そりゃー読むの大変だよなぁ釘宮さん
そして遊佐って普段釘宮さんを「くぎみー」呼んでるのか…な?

ちょこちょこだけど色んな話聞けた
諏訪部さんの話
落合さんの話
釘宮さんの話
楠大典さんの話
こういうアフレコでの裏話や人となりを聞けるのは楽しいよね
だからこそやっぱり いつかどこかの巻でスタッフさんの話が聞きたい
制作の色んな苦労や裏話 いっぱいいっぱいあるんだろうなーって思うと
聞きたくて聞きたくて仕方ない

でもコメンタリーとかラジオって性格でるよね
3人の会話聞いてて凄く思った
1番素だったのは谷山さんなんじゃないかなぁ
飾らずいつも通り…まるで飲み屋で話してるんじゃ?て感じの自由ぷり
素で自然でこういう風なのか
自分はそういうキャラを求められてるってわかってるからサービス精神で演じてるのか
谷山さんの性格をよく知らないので この辺りはよくわかりませんが
中村さんは絶妙で柔軟 気を遣いつつ 遣い過ぎず 盛り上げたり ツッこんだり
遊佐は相変わらず早口だった
言いたい事を最後までちゃんと言わないと気が済まない 先に進めないタイプ
見た目や雰囲気から感じる以上に生真面目で不器用な人なんだろうな

メニュー画面の音楽 vol.1の時と違うんだね
vol.1の時も良かったけど vol.2の音楽もいいわー
アンリミは歌もいいけどBGMも凄くいいんだよね
何もかも奇跡的に揃った作品だった
こんなにも素晴らしい作品のメインを遊佐が演じる事が出来てファンとして嬉しい限りです

さてvol.3の東山さんとのオーディオコメンタリーはどうなるのかな?

2013年04月19日 (金) | Edit |
クオリティが高いCDでした
真木さんや紅葉さんの話も追加して 収録時間長くして
普通にドラマCDとして出してほしいほどの素晴らしい出来
…でもこれ「絶対可憐チルドレン」の単行本につけていいの?
コミカライズされたし「THE UNLIMITED - 兵部京介 -」の単行本が出た時
そちらにつけた方が合うんじゃ?
て思うくらいP.A.N.D.R.Aでアンリミで兵部でした

少佐の切ない胸の内
アンディと葉との関係
ユウギリの健気な愛らしさ
少佐と皆本の思い
色々感じる事が出来るCDだった

アンディと葉 諏訪部さんと羽多野さんのアドリブ
ふたりは誰かが喋ってる裏でずっと言い合いしてたりするんだけど
そのアドリブがスゴイ楽しくって 息が合ってて良かった
筋トレしてるジムやボクシングを見てる観客のモブ声で
妙に谷山さんと中村さんが目立ってたよ(笑)

ユウギリに対する時の少佐の声が 相変わらず甘く優しく柔らかいんで
もー聞いててどうにかなりそうだった
そして東山さんが巧い
ドラマCDのように声しかない世界だと演技の巧さが如実に出てしまうモノ
周り中堅…それも演技力の高い方達に囲まれても見劣りせず
それどころかユウギリの可愛さ愛らしさを存分に聞かせてくれた
本当にスゴイ新人さんだ

トラック1では切なくも力強く
トラック2では飄々と楽しげに
トラック3では甘く柔らかく優しく
トラック4ではキツく厳しく
トラック5では哀しく儚げ
遊佐の色んな演技・声を十二分に堪能させていただきました

こんな素敵なお話なら また猪爪さん脚本のドラマCDを
特典やら何やらで聞かせていただきたいです

そしてアンリミの資料本が出るのですが
THE UNLIMITED 兵部京介 ARCHIVE
【付録】
・折り込みA2ポスター
・兵部京介ストラップ限定カラーバージョン
…限定カラーバージョンストラップだと?
……伊号のお部屋に入れるアレか?アレなのか?
2013年04月03日 (水) | Edit |
3巻オーディオコメンタリー お相手は東山さんらしいですが
5・6話かー
なら当然 5話「ストレンジャーズ -Portrait of the family-」だよね
少佐のお誕生日プレゼントをひとりで選びたがったり
ユウギリの力が暴走しちゃったり
東山さん色々とお話出来そうだ

でも遊佐と東山さん…どんな会話するんだ?
諏訪部さんのラジオでは 諏訪部さんが会話振るのも盛り上げるのも巧いし
東山さんも素直でハキハキ話される 前向きな頑張りやさんて感じで
色んな楽しい話聞けたけど
人見知りの遊佐だと…どーなるのかなー

4巻は過去回なんで ゆかなさんか平野さんかな?
8話「超能部隊 後編 -Generation ZERO PARTⅡ-」
是非こちらを語っていただきたい
森さんの演技 遊佐の青年声の演技 ちび京介の想い 不二子さんの想い
でも平野さんと語り合ってる時の声聞いたら
「ジャイアントのミヌとミジュだ」ってうっかり思いそう(笑)

残り5・6巻は もー重い話しかないんで
諏訪部さんや東山さん以外 語り合える相手がいなさそーなんだよなぁ
4巻でゆかなさん 5巻で平野さんで10話てのもありか
でも5巻では9話「カタストロフ -Pandora's box opens-」の話が聞きたい
早乙女の声に我を忘れ 怒りや憎しみで無人機へと向かっていく姿
真木さんが撃たれて動揺し 泣きそうになっている時の想い
超能部隊みんなの力で戦う叫び
力尽きて月に手を伸ばしながら海へと落ちていく時の気持ち
そういうの遊佐から聞きたいんだよ
この時どんな事を想い感じて兵部の声を入れたのか
そういうの語ってほしいんだよ
ただでさえ遊佐は自キャラ大好きで思い入れも強いのに
兵部に対しては原作の椎名先生も驚くくらい
兵部の性格・想い・感情を理解し演じてるようなので
「兵部京介」という人間をコメンタリーで熱く語ってほしいんだよね
それ1番語れるのって9話じゃないかなー?と思うので

6巻は最終話「未来へ -LΛST RESOLUTION-」
スタッフさん 原作者の椎名先生を呼んでほしいが
諏訪部さん・東山さんと最後は語り合ってほしいて気持ちも…
本当にスタッフさん お忙しいとは思うのだけど
こんな始まる前は「誰得?」言われてた兵部メインのスピンオフを
どうして作りたいと思ったのか?
どれだけ企画通すのが大変だったか
現場の苦労
多種多様のOP・EDに込められた想いや情熱・愛情
全12話なのに
OP 5種
赤2種・青・モノクロ・サイケ 歌は「LΛST RESOLUTION」日本語ver・英語ver
ED 8曲
「OUTLAWS」「BRAND NEW EDEN」「ADVENT」「空の涯て」
「BRIGHTEST LIGHT」「DARKNESS NIGHT」3種(ノーマル・兵部ver・ヒノミヤver)
なんで?どうして? と訊きたい事がたくさんあるんだよ
役者さんたちにはその想いは伝わってるし(舞台挨拶で話していた)
見てるだけでも十分に伝わってくるんだけど
それをちゃんと声で言葉で聞いてみたいんだよねぇ
でも最後となると12話ずっと共に演じてきた兵部・アンディ・ユウギリ
3人の話で締めくくってほしいって気持ちも強く激しく
やっぱほら11話でスタッフさん 最終話で声優さんってヤツをっ

あとは2巻~4巻までは三幹部のキャラソンって特典決まってるので
5巻・6巻の特典を知りたい
ドラマCD欲しいなー
6月のイベント映像欲しいなー
というか6月イベントは単独BDで出ても買うよっ
なので映像撮ってくださいー

…うん夏まであれこれなアンリミ妄想で楽しめそうだな(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。