--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年03月17日 (日) | Edit |
「遠い楽園 -Original Sin- 」

「君のそんな所が好きだよクィーン 君は未来だけを真っ直ぐ見ているんだ…」
自分と同じ運命を背負う少女に 自分のようにはならないでほしいと願う
甘く優しい声
少佐は色んな人に愛され 求められ 必要とされているのに
いつも寂しそうで 哀しそうで ひとりで 切なくなる
だから心惹かれ 守りたいとか 支えたいとか 傍にいたいとか思ってしまうのかな?

…というかクィーンやユウギリに対しての声が いっつも甘すぎるんだよっ
甘くて優しくて少佐の色んな顔や感情を見せつけられて困るんだよっっ
その声聞くたびに「くそっ遊佐浩二めっ」って惚れ直すんだよっっっ


「…父さん」
力尽き 海の中に漂う少佐
目の前に父の形見の懐中時計
「京介 私は言ったはずだ 力を使うな利用されるだけだ
だがお前はあの男の方を信じた 超能力者に安住の地などない
そのまま誰にも看取られる事なく眠るがいい それが私を捨てたお前への報いだ」
その運命を受け入れるかのように懐中時計に手を伸ばす
少佐の伸ばした手を力強く掴み 海上へ助け上げるアンディ
もし この時 少佐があの時計を手にしていたら
誰にも看取られる事なく ひとりで海の底で眠る運命を辿っていた?と思うと
アンディがいてくれた事 助けてくれた事
その場に不二子さんが来てくれた事
本当に嬉しい

自分が殺された家で眠る少佐
此処から始まり此処で終わった因縁の場所
未来のために過去を捨てた姉と
過去のために未来を捨てた弟
同じ場所で同じ時代を生き 同じ目にあったふたりなのに
こんなにも正反対になってしまうのは皮肉
少佐の方が感情や気持ちや想いという心ごと傷つけられたから
人によって踏みにじられた事だから人に復讐しようと思ってるんだろう
そして過去を捨てた姉が作り上げた組織の人々によって
弟は過去の呪縛から解放されるように心が動いてしまっているのも また皮肉な事です

「君は君のままで この世にあっていいんだ」
こういう言葉で こんなにも心動かされるって
エスパーが激しく差別され 迫害され 爪弾きにあい 居場所がないって事だよね
こんな世界を変えたいって少佐が思うのは とても自然で普通な事だよなって
アンリミを見るたびに その思いは深まっていく
「闇でしか裁けない原罪がある」って歌詞は綺麗事じゃすまない世の中の裏や闇を的確に表していて
遊佐がアンリミを語る時に「絶チルは明 アンリミは暗」言ってたのを思い出した
あ…やっぱり
「†闇でしか裁けない原罪(つみ)がある†」
って書かないとダメですかね(笑)

今回はとても色んな人の心を見せてもらえた回だった
不二子さんの想い
薫の想い
アンディの想い

皆本の手に志穂と葵が手を重ねた時の中村さんの声や台詞が
「ああ絶チルの皆本だ」って
それまでの皆本は完全にアンリミの皆本だったけど
あの時は絶チルの皆本だった
お偉いさんたちが不二子さんを「女狐め」って言った時
「お互い苦労させられますね」の言い方とか
中村さんの演技力・表現力 凄いですね


予告でアンディと葉・モモタロウが睨み合ってたのがね
このふたりと一匹は どんな風にお互いの感情にケリつけるのかな?
その時 アンディも色んなモノに決着つけられるんじゃないかな?って

そして戦って なんやかんやあって ユウギリ保護して大団円
その中 ひとりで去ろうとしてるアンディに
「お前 このまま黙って去るつもりか? カタストロフィ号は安くないんだぜ」
とか少佐が言っちゃって
「まぁボクのために一生タダで働いてもらおうか」
ってニヤッと笑っちゃって
「OUTLAWS」かかっちゃって
みんながそれぞれ楽しそうな今を生きてる て絵でEND
…ってなってほしいなーっ
明るく爽やかに終わってほしいなーっっっ

…そういえばユウギリが少佐にあげたお守りは
いつ頃 どんな風に使われるんだろ?
OPにも出るくらいだし それなりの役割あるんだろうなぁ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
|p>言ったはずだ力を使うな。利用されるだけだと。眠るが良い。→アンディが兵部助ける→フジコちゃんくる[会議]_合衆国のいこうというわけですか=フジ:内務省の人元気、一応...
2013/10/26(Sat) 23:36:07 |  ぺろぺろキャンディー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。