--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年09月07日 (土) | Edit |
遊佐の翠郎さま
やっ…やっさしー声っ
たらしでもない 腹黒でもない優しい柔らかい声ですよっ
(そんな驚くほど珍しいか?(笑))

霧の結界での冷酷っぷり
奈々生への初々しさ
鞍馬に対する甘く柔らかく優しい態度
(思わず「鞍馬はぎんがですか?」って思うくらいの甘さっぷり)

霧の結界での息を吸う断末魔の声
真寿郎の傷に気付いた時の息
相変わらず息の演技が遊佐らしく繊細
いやー遊佐を堪能させていただきました


二郎の羽多野さん
もーちょっと高めの優しい声ばかり聞いていたので
凄い低音っぷりにびっくり
こんなに低い声出すんですね
かなり怖かったですよ

鞍馬の岸尾さん
子供の頃の声もやってて相変わらずの芸達者っぷり
「神様はじめました」を見ていて
「これって岸尾さんアドリブかなー?」と思えるシーンが何度もあって
それが楽しみでもあったので岸尾さん好きなんだよね
ただ反対に普段の鞍馬の声が岸尾さんにしてはかなり低めだと思うので
「大変じゃない? 苦しくない?」って心配にも(笑)

夜鳥の私市さん
ちょっとしか出番ないのに なんだあの存在感
ヘラヘラ 飄々とした感じがたまらんっ

奈々生の三森さん
「gdgd妖精s」でのピクピクしか知らなかったので
「えっ これピクピクと同じ声なんだっ」と衝撃が
ちょっと前に妙に「gdgd妖精s」にハマって見てたので
余計に大きかったよ


でも思いっきり途中で終わってるんですけど
続き気になるんですけど
続編CD また付録でつくのかなー?
つくといいなー
贅沢言うとアニメで見たいなー

雑誌の付録で値段350円で約40分
キャストも豪華 すっごいお得感
「花とゆめ」頑張ってるっ
テーマ:声優
ジャンル:アニメ・コミック
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。